犯罪収益流通防止法案


政府が2006年6月5日に「国際組織犯罪等・国際テロ対策推進本部」の会合を開き、犯罪組織などによるマネーロンダリングが疑われる取引の報告義務を、不動産業者や宝石商、公認会計士などに拡大することを決め、テロ資金その他の犯罪収益の流通に係る国内の実態及びFATF(Financial Action Task Force)勧告に基づく国際的な対策強化の動向から日本政府が金融機関本人確認法及び組織的犯罪処罰法第5章を母体として、新たに策定した法案です。

>> さらに詳細な情報はこちら


FATF(Financial Action Task Force)
ゲートキーパー制度
ASEAN+3国境を越える犯罪に関する閣僚会議
SOMTC(Senior Officers Meeting on Transnational Crime)
国会の組織犯罪対策関連3法案の趣旨説明と質疑-2
国会の組織犯罪対策関連3法案の趣旨説明と質疑-3
国会の組織犯罪対策関連3法案の趣旨説明と質疑-4
国会の組織犯罪対策関連3法案の趣旨説明と質疑-5
国会の組織犯罪対策関連3法案の趣旨説明と質疑-6
国会の組織犯罪対策関連3法案の趣旨説明と質疑-7
国会の組織犯罪対策関連3法案の趣旨説明と質疑-8
国会の組織犯罪対策関連3法案の趣旨説明と質疑-9
情報通信21世紀ビジョン-1
情報通信21世紀ビジョン-2
情報通信21世紀ビジョン-3
情報通信21世紀ビジョン-4
情報通信21世紀ビジョン-5
情報通信21世紀ビジョン-6
情報通信21世紀ビジョン-7
情報通信21世紀ビジョン-8
情報通信21世紀ビジョン-9
情報通信21世紀ビジョン-10
政府の高度情報通信社会推進に向けた基本方針
政府の高度情報通信社会推進に向けた基本方針-1
政府の高度情報通信社会推進に向けた基本方針-2
政府の高度情報通信社会推進に向けた基本方針-3
政府の高度情報通信社会推進に向けた基本方針-4
政府の高度情報通信社会推進に向けた基本方針-5
政府の高度情報通信社会推進に向けた基本方針-6
政府の高度情報通信社会推進に向けた基本方針-7
政府の高度情報通信社会推進に向けた基本方針-8
政府の高度情報通信社会推進に向けた基本方針-9
政府の高度情報通信社会推進に向けた基本方針-10
政府の高度情報通信社会推進に向けた基本方針-11
政府の高度情報通信社会推進に向けた基本方針-12
政府の高度情報通信社会推進に向けた基本方針-13
FIU(Financial Intelligence Unit)
ローテク・ハイコンセプト・テロ
ローテク・ハイコンセプト・テロ-2
ローテク・ハイコンセプト・テロ-3
ローテク・ハイコンセプト・テロ-4
ローテク・ハイコンセプト・テロ-5
ローテク・ハイコンセプト・テロ-6
ローテク・ハイコンセプト・テロ-7
ローテク・ハイコンセプト・テロ-8
ローテク・ハイコンセプト・テロ-9
FSS(Financial Sous-Sherpa)
G.E.(Grant Element)
CL(Concessionality Level)
IEA(International Energy Agency)
FinCEN(the Financial Crimes Enforcement Network)
脅し、恐怖を与え、稼ぎ出すビジネス