光電界センサー


通信ネットワークでノイズ対策部品として活用されていた光電変換を応用した、電力を使わずに電波を受信するセンサーで、レーザー光を使った光導波路にアルミニウムを蒸着した電極を設け、外部のビーム・アンテナから電波を受信することによって電極に電界を発生させ、光導波路を通過する光を変調して、まったく電気を使わずに電波を光信号に変換させています。

>> さらに詳細な情報はこちら