光トポグラフィ装置


光子エネルギーが低く、人体に対して良く透過する近赤外線を用い、頭皮上から照射して、頭皮・頭蓋骨を透過して大脳で反射してきた光を再び頭皮上で検出することで、血液中に含まれる色素タンパク質であるヘモグロビンに吸収された近赤外線の反射光強度を計測することにより、脳内の血流変化を計測することができる装置です。

>> さらに詳細な情報はこちら