批判のための公正な引用

フェアユース

正当な理由があれば、著者の了解を得なくても著作物を流用できる許可制度です。本来は、著作権の概念の一つで、著作権者の許諾がなくても、教育や研究などの目的における著作権付き素材の使用を許可する法原則です。ただし、日本の著作権法では、現在のところ制限を課して、完全に認められていません。

>> さらに詳細な情報はこちら