ぴーぷるずチャンネル


阪神・淡路大震災の後、関西学院大学で組織された救援ボランティア委員会として誕生し、1995年2月26日に、社会学部の立木茂雄(Shigeo Tachiki)教授、非常勤講師の徳永利光、学生ボランティアの有志が中心となり「メディア隊」が組織された。「被災者の被災者による、被災者のための情報番組」のコンセプトのもと、1995年3月6日に西宮ケーブルビジョンで放送がスタートしました。

>> さらに詳細な情報はこちら


広域災害救急医療情報インフォメーション
マルチメディア危機管理情報システム
IEMS
災害データ放送
地震防災情報ネットワーク
企業防災対策の自己診断システム
公図窓口サービス・システム
地域振興用陸上移動通信システム
地震アメダス
簡易型地震被害予測システム
ワイヤレス・ビジョン
バックアップ
オフサイト・データ・ストレージ
MMVR
エフトポス端末
Medclaim
HealthPoint
ADWORLD
IT200
災害専用伝言ダイヤル
171-1
171-2
ふくおかハイパーネット
火災延焼シミュレーションシステム
行政情報の総合案内
DICOM
無線を利用した都市部での市内電話事業
GIS(Geographic Information System)
SNG
SPIS
UPS
宇宙発電システム
衛星携帯電話
オブザーバトリアム
神戸国際マルチメディア文化都市構想
コミュニティFM
ニッチメディア
ニュース番組用デジタル・ビデオ・システム
ハイテク戦争
Hi-Ho
災害ジャーナリスト
富山県立近代美術館裁判
SETI@home
メディア戦争
InDex
SearchToHelp.com
日本版DMAT構想
ハニーネット・プロジェクト
Grid Engine Project
DSL(Design Science License)
ふくおかギガビットハイウェイ
NAS(Network Attached Strage)
COMINT
Intelligence Supercomputer
電気通信事業における重要通信確保の在り方に関する研究会
アクセス権
LTOテクノロジー
AidMatrix
IRiS(Vayusphere Instant Response Server)
リモート・コンストラクション
GGF(Global Grid Forum)
G-XML
CATaC(Cultural Attitudes towards Technology and Communications)
マニフェスト
NIMA(National Imagery And Mapping Agency)
ストレージ・セントリック・ネットワーク
NoKeos
Digital Cultural Institutions Project
サイバー戦争の武器配布
たった一人の聴衆
災害用ブロードバンド伝言板(web171)
Leopard