ビヘイビア法


ウイルスに感染し、次ぎの動作として「書込み動作」「複製動作」「破壊動作」をはじめ、「例外ポート通信」「不完パケット」「通信量の異常増加」「エラー量の異常増加」「送信時データと受信時データの量的変化」「質的変化」等の異常を検知してウイルス検査する手法です。

>> さらに詳細な情報はこちら