肥満とメディア規制

Obesity and Media regulatory approaches


2004年5月30日から3日間開催された「米国の肥満危機サミット」で、William Dietz医師が、幼年期肥満の主な原因はテレビとゲームなどが増加したメディア消費にあると指摘し、子供のメディア消費を制限することを提案し、テレビなどのメディアが、ファースト・フード、スナックおよび甘い 物を消費させるために提供する広告を批判を受け、テレビ広告が子供の健康に大きく影響していることが話題になりました。

>> さらに詳細な情報はこちら