ヒューマン・クリプト

human crypto


暗号問題で、人間のファクタによって左右される部分です。どんなにコンピュータ・システム側で技術的に素晴らしいプロテクションをしても運用している人間がズルをすると何の意味も無くなることが指摘されています。

>> さらに詳細な情報はこちら


1999年と2000年の10月、11月、12月のウイルス比較とその種類
米国における人種別インターネット犯罪とその種類
Harris Interactiveが公開したプライバシーとプロテクション情報
Yankee Groupの自宅パソコン・ユーザーがインターネットを止めた理由調査
米国政府が2003年度として要求した国防予算と1999年の25カ国国防予算
CYBER SECURITY RESEARCH AND DEVELOPMENT ACT
Simson GarfinkelによるIdentity Card Delusions(IDカードの錯覚)
GAOが公開した米国国防省のにおける無駄、無能、無効な仕事のプロセス例
GAOが公開し正当な予算とインフォメーション・システムの適切な向上
GAOが公開した米国国防総省の無駄使い
コンピュータ処理されたデータで公開できる情報の査定をレポート
コンピュータ・セキュリティの進化にともなう批判とリスク
日本証券業協会が2002年11月29日に公開したインターネット証券取引調査結果
米国警察による1992-2000の犯罪報告
NCESが2003年3月31日に公開した、教育関連のセキュリティ・レポート
「リスク管理・内部統制に関する研究会」報告書概要
「リスク管理・内部統制に関する研究会」報告書本文
Richard J. Hillmanが実施した個人情報追跡実験結果報告
Robert F. Daceyが公開したソフトウェアのパッチ管理プロセスに関するレポート
FBIの2004年 2009年計画
NCESの米国政府における1980年 2003年の教育経済支援のレポート
米国政府のセキュリティ・レポート「Secrecy Report Card: Quantitative Indicators of Secrecy in the Federal Government」
GAOが2005年3月24日に公開した財政的機密のデータの情報セキュリティに関するレポート

人間ファイアウォール
ヒューマン・エラー
警察関連のURL
サイバースペースの夏時間と冬時間
ワイヤレスカード
電子植民地主義
セキュリティ・フォント
住民番号制
深水歩黄金商場
サイバーポン
個人情報保護マーク
個人情報の流出
キッズ・カルチャー
会員名簿ネット流出
Truster
TDF
Pop-up MAIL
ordinateur
Magic Cookie
ICカード・インターネット認証システム
Cc(Carbon copy)
エルゴフィットキーボード
うるう秒調整
Social Engineering Attack
背番号法の成立に関して、運動団体からの声明
エンクリプション・プログラム
Cyberspace Electronic Security Act
NASDAQ
2000年1月以降のサイト攻撃
下請け主義から発生するセキュリティ問題
インターネット用スパイ・プログラムの売り込み
家庭用IDS
オンライン・キッズ
ネット時刻認証機関
住民基本台帳ネットワーク
クラッカー
サイバー・ダダ
サイバー・アバン・ギャルド
1998年10月28日に関西の通信マヒ
WEBバグ
Webビーコン
WISE(Web-based Inquiry Science Environment)
GLOMES
Magic Cookie
クロスサイト・スクリプティング脆弱性
国民共通番号制に反対する会
ホワイトニング
アクセス権
行政手続オンライン化関連3法案
FBIによるKGBハッキング・ハッカーズ
LGWAN(Local Government Wide Area Network)
FISA
時刻認証
CDシュレッダー
悪意なき情報流出
CIA(Central Intelligence Agency)
サイバー国連
No2ID
住民基本台帳ネットワークシステム関連のURL
情報セキュリティ早期警戒パートナーシップ
住民基本台帳ネットワーク本格稼働後
ハードディスク・シュレッダー