ビルディング・ブロック方式


システムの規模に応じて、そのシステムに接続できる装置や端末が調整できる方式で、ビルディングを建設するときのように、ブロックごとに構築することができることから命名されました。

>> さらに詳細な情報はこちら