ウェブポストマン

Web Postman


東洋情報システムがインターネットを利用して、2000年1月からサービス提供を計画しているドキュメント・デリバリー・システムの名称。送り手は受け手が文書を受け取って読んだ時期を確認することができる、一般の郵便で利用されている書留のようなもので、「電子書留」とも呼ぶ。企業の膨大な郵送コスト削減に大きな力になり、このようなサービスが登場すると、宅急便で小包に、電子メールで一般郵便に影響が出て、さらに書留の郵便事業にも影響が出ることになり、旧態然とした郵便事業では対応できなくことだろう。世界の郵便情報に関する情報は「Postal Rates.info」で知ることができる。詳細情報はURL(http://www.postalrates.info/)で知ることができる。1860年4月3日に、米国情報通信とデリバリー・サービスとして「ポニー・エキスプレスPony Express」は「10日間以内(iin 10 days or less)」という顧客に商品を提供する営業を開始した。