ムーアの法則

Moore's Law


米国のIntel社社長であった共同設立者のゴードン・ムーア(Gordon Moore/現在は名誉会長/1929〜)が「一定のシリコン上にエッチングできるトランジスタの数は18カ月ごとに倍になる」という、1965年にプロセッサの発達スピードを予測した法則で、Intel社は、Pentium 4の開発計画を変更し、2005年に4GHzを発表する予定であったが、発熱の問題を解決できないことから、2004年10月に開発計画を中止し、Pentiumで最高のクロック数である3.8GHzのPentium 4 570Jを2004年11月25日に発売した。

>> さらに詳細な情報はこちら


ゴードン・ムーア(Gordon Moore/1929〜)
カナダ人が感じる迷惑なメール
Intel社のムーアの「ムーアの法則」
Intel社のオリジナル「ムーアの法則」ペーパー
米国のIntel社が2001年11月25日に発表したTeraHertz
Intel社の2005年に向けたトランジスタ開発計画
Intel社の2005年に向けたトランジスタ開発技術紹介
サイバー刑事法研究会報告書の概要
欧州評議会サイバー犯罪条約
GAOが2002年4月16日に公開したInformation Security
GAOが2002年5月2日に公開したInformation Securityに関するレポートと宣言書
Robert F. DaceyのFederal Information Security Management Act of 2002コメント
ベル研究所のトランジスタの定義
nature2002/6/20/Ultrafast and direct imprint of nanostructures in silicon
Stephen Y. Chou教授と技術者チームが開発した技術解説-Figure 1
Stephen Y. Chou教授と技術者チームが開発した技術写真-Figure 3
Stephen Y. Chou教授と技術者チームのリリース
Stephen Y. Chou教授と技術者チームの図版解説
ホワイトハウスが2002年9月18日に公開したcyberstrategy-draft
ホワイトハウスの2002年9月18日cyberstrategy-draftニュースリリース
Does Moore's Law Still Hold True?
経済産業省が2003年5月9日に発表した医用画像診断装置とフォトマスク情報
平成14年度特許出願技術動向調査報告の公表について
Robert F. Daceyが訴えた法で定めた情報セキュリティ手段の必要性報告書
Intel社創業35周年に参加したAndy GroveとGordon Moore
タイムカプセルを埋めるPaul Otellini、Andy Grove、Craig Barrett、Gordon Moore
Intel社創業35周年パンフレット
Limits to Binary Logic Switch Scaling--A Gedanken Model
The Future of Nanocomputing
Guglielmo Marconi International Fellowship Foundationが2005年3月2日に公開したリリース
Illustrirte Zeitung1856年1月26日に掲載された化学者Justus von Liebig
ミュンヘンのJustus von Liebig研究所
Justus von Liebigの階段教室
eBayに登場したelectronics magazine april 1965 editionの購入希望掲示
40th anniversary of Moore's Lawの記念サイト