無線テレビ会議システム

wireless television conferencing system


無線通信を活用して、互いに離れた地点にある会議室の間を映像と音声で結ぶシステムです。郵政省(当時)電気通信局長の私的研究会「マルチメディア移動体通信に関する調査研究会」が検討していたのは、無線テレビ電話を利用し、テレビ会議システムを構築することでした。

>> さらに詳細な情報はこちら


AT&Tがテレビを開発した報道がある1927年4月7日のNew York Times
1927年4月7日のAT&Tによるテレビのデモ風景
Dr. Herbert Ivesによるテレビに対するリサーチ報告風景
テレビのデモに参加したWashingtonのHerbert Hoover
Herbert Hooverと話すNew YorkのAT&T President Walter Gifford
デモのスイッチングを担当するEdna Horner
New York Timesのテレビに関する記事の内容-1
New York Timesのテレビに関する記事の内容-2
New York Timesのテレビに関する記事の内容-3
電波の周波数帯域の利用
周波数とバンド
無線通信関連の情報が多く掲載されたWATのホームページ
無線デバイスの数予測(IGI Consulting Group 2000より)
ラテンアメリカのワイヤレス予測
米国の市民が選択するテレビとパソコンのe-commerce比較
南中米の無線インターネット接続環境の現状
ARSが2002年4月1日に公開した米国の携帯電話の価格情報
ARSが2002年5月28日に公開した米国のPCカードのマーケット情報
Gartner Dataquest社が2002年9月19日に発表した無線LAN市場予測
MediaGuardianの無線を使うパイオニア「ラップランド」情報
ジュネーブのWHOで検討するSARS研究会議風景
WHOが公開したSARS Virusの顕微鏡写真(University of Hong Kong)
WHOが2003年4月16日に公開したリリース
中国のSARS患者数統計(2003年4月22日現在)
家庭まで届く光ファイバー・ケーブル見本
H.350 Directory Services Architecture for Multimedia Conferencing
H.350.1(H.323 protocol)
H.350.2(H.235 protocol)
H.350.3(H.320 protocol)
H.350.4(SIP protocol)
H.350.5(generic protocols)
「無線LANのセキュリティ」に関するガイドライン改訂版概要
「無線LANのセキュリティ」に関するガイドライン改訂版
総務省が2004年4月26日に公開した無線LANのセキュリティ・ガイドライン概要
総務省の無線LANのセキュリティ・ガイドライン
総務省の無線LANのセキュリティ・ガイドライン資料