紫色半導体レーザー


発信波長が400nm(1nmは10億分の1m)付近にあり、そのレーザー光が肉眼で紫色に見えるレーザー光が発生できる半導体素子のことです。

>> さらに詳細な情報はこちら