無線通信網の解放


競争を促し、割高とされる携帯料金の引き下げや多様なサービスの登場に期待し、総務省が2006年7月に公開する報告書案で盛り込むことになった、2007年度から携帯電話などの無線通信網を他の通信事業者に開放することを原則義務づける方針です。

>> さらに詳細な情報はこちら