無線環境は、病院を救えるか?!


日本の病院もそうだが、老人医療健康保険制度還付における不足分、患者、医療ミス、管理費の上昇、光熱費の増加などから、米国の病院も1975年に7,000以上あった病院が2007年には5,747と、この30年間で20%減っている。そこでプロセスを単純化してコストを削減するため、無線技術を採用し始めているそうです。

>> さらに詳細な情報はこちら