モニタリング・ソフト

monitoring software


監視用ソフトで、企業で社員1人1台のパソコン普及が進み、学校でもパソコンを導入した授業が行われるようになり、仕事中や授業中に関係のないインターネットのウェブサイトへアクセスしたり、ゲームソフトで遊ぶなどの社員や生徒が増えたため、それを防ぐためにパソコン画面のキャプチャリングを行ったり、プログラムの実行履歴などを収集するソフトを「モニタリング・ソフト」と呼ぶことが多くなっています。

>> さらに詳細な情報はこちら


Webショップのプライバシーに対する情報掲載
インターネットを活用した収入額別の割合
インターネット・ショップの継続年数と全体の割合
NCLのプライバシー問題報告
勤務中の事務所で利用するインターネットの時間と種類
CSLRが公表した日本人のオンライン・プライバシー楽観主義
Privacy Foundationの雇用者による従業員のインターネット監視情報
Harris Interactiveが公開したプライバシーとプロテクション情報
GAOが公開したモニタリング・ガイダンス
核燃料サイクル開発機構が開発した放射線の分離法
分離装置と時間間隔解析ブロック
測定資料の時間間隔解析結果
Guardian newspaperのInternet providers say no to Blunkett
企業におけるコンピュータ・モニタリングの実態と企業のプライバシー
警察庁が2002年11月7日に公開したインターネット治安情勢の分析
GAOの柔軟性を持たせた労働環境の管理についてのレポート
米国国内の核燃料貯蔵地区と輸送の安全管理
World Uranium Weapons Conference 2003のロゴ
World Uranium Weapons Conference 2003のポスター
World Uranium Weapons Conference 2003のリーフレット
World Uranium Weapons Conference 2003の内容案内
World Uranium Weapons Conference 2003の概要
World Uranium Weapons Conference 2003が開催された場所
World Uranium Weapons Conference 2003のプレス発表-1
Dr. Jawad Al-Aliのプレゼンテーション資料
Dr. Souad Al-Azzawiのプレゼンテーション資料
Dr. Antonietta M. Gattiのプレゼンテーション資料
John LaForgeのプレゼンテーション資料
Heike Schroederのプレゼンテーション資料
Philip Steeleのプレゼンテーション資料
Dai Williamsのプレゼンテーション資料
Marcia G. Crosseが違法医薬品について実施したモニタリングの実証実験効果レポート
GAOが2004年6月10日に公開したロー・レベル放射性廃棄物識別処理レポート
国際法模擬裁判「2004年アジア・カップ」開催報告
FBIの2004年 2009年計画
国際法模擬裁判「2004年アジア・カップ」結果と概要
Robin M. Nazzaroが提出した低レベル放射性廃棄物の未来危険性を指摘したレポート
外務省が2005年8月1日に公開した国際法模擬裁判「2005年アジア・カップ」開催情報
外務省が2005年9月5日に公開した、国際法模擬裁判「2005年アジア・カップ」結果と概要
Websenseが2006年5月16日に公開した仕事中に無関係のWebアクセス調査報告
EMMCの予算
EMMCの内容
トロント大学市民Labのレポート