ライフサポート情報通信システム推進研究会

生活支援情報通信システム推進研究会


1997年11月に発足した、学識経験者や高齢者・障害者団体、業界団体の代表、国の政策担当者ら19人で構成された高齢者や障害者の自立・社会参加を支援する情報通信システム作りに向けた研究会です。

>> さらに詳細な情報はこちら


Royal National Institute for the Blindが視覚障害者のために開発した初期の点字
1840年〜1847年にLaas d'Aguanが製作した世界最初の視覚障害者用地図
TeleGeography社の世界の情報通信マップ案内ページ
1990年からのハンガリーの情報通信
米国のGAOが2002年6月28日に公開したDODの次世代情報通信向上プロセス
The Evolving Telecoms Industry: The Uses and Shortcomings of the Layer Model
平成15年度「医科分野の情報システム構築事業」の公募の結果について
平成15年度「歯科分野の情報システム構築事業」の公募の結果について
平成15年度「薬科分野の情報システム構築事業」の公募の結果について
Illustrirte Zeitung1845年2月1日号に掲載されたLachmann教授が開発した点字
Lachmann教授が開発した視覚障害者用幾何学文字
Lachmann教授が開発した視覚障害者用数学文字
Lachmann教授が開発した視覚障害者用計算機
Illustrirte Zeitung1845年3月1日号に掲載された視覚障害者用タイプライター
Illustrirte Zeitung1845年3月1日号に掲載された1838年崩壊したPesthの視覚障害者施設
Pesthの視覚障害者施設再建に努力したAnton Dolezalek
Pesthの視覚障害者施設再建に努力したValentin Hauy
再建されたPesthの視覚障害者施設
Pesthの視覚障害者施設にある視覚障害者訓練装置-1
Pesthの視覚障害者施設にある視覚障害者訓練装置-2
外務省が2004年7月9日に公開した障害者権利条約の作成議論概要