ラスタ・スキャン型CRT

raster scan CRT


テレビのようにモニタの水平走査線を画面の上から下にスキャンさせて1枚の画像を表示する方式のモニタです。フレーム・バッファ内のデジタル画像情報をD/A変換でアナログ信号に変換し、電子ビームにのせて蛍光面にあて、画像を表示します。電子ビームはテレビと同様に水平に走査線を走らせ、画像情報のある部分のピクセル(画素)を光らせます。

>> さらに詳細な情報はこちら