裸眼立体ライブ映像システム


日立製作所が2008年6月2日に、国立大学法人東京大学大学院情報理工学系研究科の苗村健准教授と共同で、東京大学が開発した「可搬型カメラアレイシステム」と、日立が開発した「裸眼立体視ディスプレイ」を組み合わせて開発したと発表した、64台のネットワーク・カメラで映像を撮影した映像を高速で処理し、特殊な眼鏡をかけずにかつライブで立体映像として見ることができるシステムです。

>> さらに詳細な情報はこちら