リアル・プッシュ・ネットワーク

RealPushNetwork


NTTが1995年に独自開発したプロトコルで、1997年12月15日に開発したと発表したライアント5000件に対する情報配信でサーバーの負荷が100分の1、配信時間が60分の1と大幅にサーバーの負荷を抑えて配信時間を短縮し、多数の相手に同じ情報をリアルタイムで配信することができるシステムです。

>> さらに詳細な情報はこちら