利権と人権


RIAA(米国レコード産業協会/全米レコード業界組合)が2003年9月8日に、インターネット上で大量の音楽を無料交換していたとみられる個人1600人の中から261人を相手取り、著作権侵害訴訟を起こした中には、アーティストで教師、そして孫を持つ60代のSarah Wardまでが含まれ、Sarah Wardが使用しているパソコンではKaZaAを利用できない、誤って提訴も含まれていました。

>> さらに詳細な情報はこちら