リバーシブル・コンピューティング

Reversible Computing>>Adiabatic Computing

可逆コンピューティング>>アディアバティック・コンピューティング>>断熱コンピューティング

マイクロプロセッサの発熱は、1つのコンピュータチップ上に組み込める回路の数を制限するため、プロセッサの設計で最も重要な要素となり、発熱を押さえる技術が各研究機関で始まっているが、その中の一つとして、IBMが1960年代初期に発見した、回路から電気を逃がして古いデータを捨てることなく、埋め込まれた小さな発振器を利用して、1回の計算で使ったエネルギーを回収し、次の計算に再利用する技術です。

>> さらに詳細な情報はこちら