リーマン予想

Riemann hypothesis

リーマンの仮説

数学者ベルハルト・リーマン(Georg Friedrich Bernhard Rieman/1826年9月17日〜1866年7月20日)が、ゼータ(ζ)関数(zeta function)を複素数に拡張して1859年に発表し、150年近く正否を巡って数学者を悩ましてきた数学理論です。

>> さらに詳細な情報はこちら