量的緩和


デフレ・スパイラル状態になっている日本経済を立て直すことを目的に、日本銀行が2001年3月19日に政策委員会が金融政策決定会合を開き、金融市場の調節目標を金利から、通貨の供給「量」に変え、市場に資金を潤沢に供給することで、事実上のゼロ金利政策を復活させる対策です。

>> さらに詳細な情報はこちら