臨床試験ネット公開制度


研究者や企業に都合の悪い結果が隠されたり、よい結果に偽装されたりするのを防ぐのが目的に、全42の国立大病院が加盟する「大学病院医療情報ネットワーク」が2005年6月14日に発表した、薬や治療法の効果や副作用を実際の患者で調べる「臨床試験」の計画を事前に登録し、試験結果をインターネットで公開する制度です。

>> さらに詳細な情報はこちら