ローパス・フィルタ


デジタルカメラは一定以上の周波数をカットするため、偽色、モアレなどを防ぐために入れてあるフィルタです。同時に、画素の高密度化に対応するため各素子にマイクロレンズ(集光レンズ)も入れて画質の向上を実現していますが、画像の鮮鋭度は落ちます。

>> さらに詳細な情報はこちら