ローレンツ偏向


オランダの理論物理学者ローレンツが電子論を展開し、物資内の電磁現象を解明したことから呼ばれるようになった、磁界中を運動する電子にはローレンツ力が作用し、この力によって磁界中に入射された電子線の軌道が曲げられる現象のことです。

>> さらに詳細な情報はこちら