ローテク・ハイコンセプト・テロ-14


ラムズフェルド米国国防総省長官は、中南米でもテロ対策の展開をしやすくするため、国家の犯罪防止や安全保障にかかわる全ての機能を軍のもとに結集し、米軍とのつながりを深めるように「LatAm's anti-terror support」を提案しました。この動きはアジアでも「Global Security Asia 2005」が開催されるなど、始まっています、

>> さらに詳細な情報はこちら


GAOが2005年1月25日にアップデートした、ハイリスクに関する情報
重傷を負ったServicemembersのために社会復帰リハビリテーション・サービス・レポート
GAOが2005年2月11日に公開した、米国国防総省の近代化と統合軍事の人的資本管理プログラム・レポート
Annenberg's Lear Centerとthe NewsLab at the University of Wisconsin, Madisonが公開した、2004年11月の米国大統領選におけるニュースの影響について調査結果レポート
上院議員のJohn McCainの地方放送法見直しとその反応
GAOが2005年2月18日に公開した、国境警備と外国人の科学系学生と学者へのビザについてレポート
2005年3月2日に公開した、生物化学兵器に対する陸軍と海兵隊の対応状況レポート
戦闘機の開発計画に関するLand Forces(軍事委員会)のレポート
2005年度版「The State of the News Media 2005」のサマリー
EUが2005年3月14日に公開したヨーロッパ系テロリストのグループと、個人名
EUが2005年3月14日に公開した非ヨーロッパ系テロリストのグループ
Europolが公開した2003年10月から2004年10月17日までのテロリストの行動を調査したレポート「TE-SAT」
「2005年テロ対策プログラムとプライオリティ」
Illustrirte Zeitung1856年1月26日に掲載された化学者Justus von Liebig
ミュンヘンのJustus von Liebig研究所
Justus von Liebigの階段教室
Illustrirte Zeitung1856年2月2日に掲載されたPuerta del Solplatz
Illustrirte Zeitung1856年3月8日に掲載されたアズテック人
南米の薬学研究者Louise Meyer
南米で発見されたBrechnuss
南米で発見されたUpasの木
南米で発見された試薬の顕微鏡画像
南米のBoninsima島
Illustrirte Zeitung1856年4月19日に掲載された当時の最新技術を駆使した世界最長の砲身
Statewatchが2005年3月26日に公開したStatewatchの特別レポート
GAOが2005年8月28日に公開した、航空安全の乗客スクリーニング・テストと、リスクに関するレポート
Intelligence Reform and Terrorism Prevention Act of 2004法案
Intelligence Reform and Terrorism Prevention Act of 2004施行報告
FCCのパブリック・コメント募集報告
自然災害とテロに対応する米国とヨーロッパのアプローチに関するレポート
米国国家テロリズム対策センターが公開した「2004年重要国際テロ年表」
Combating Terrorism in the Horn of Africa and Yemen
外務省が2005年5月10日に公開した、地球規模問題に関する意識調査
GAOが2005年5月10日に公開した、海外大使館のテロ攻撃に対する職員の保護対策レポート
GAOが2005年5月10日に公開した、海外大使館のテロ攻撃に対する職員の保護対策実証実験レポート
「Boost in the Shell(貝の後押し)」展のポスター
「Boost in the Shell(貝の後押し)」展のカタログ
警察庁の焦点第270号」で「平成16年の警備情勢を顧みて〜回顧と展望〜」
GAOが2005年5月31日に公開したオリンピックと米国セキュリティ支援レポート
「The SIPRI Yearbook 2005」の概要
2001年9月11日の号外にあった「Who would do this?」
EU Terrorism Action Plan (version dated 10 June)
Council and Commission Hague Programme (10 June - English version)
Report from EU Anti-terrorism Coordinator - useful summary of implementation of measures at national level
2005年世界の危険地帯地図(2005 Risks in Global Filmmaking Map)
Crininal-Justice Universityから発信されたスパム