オーバー・スペック

over speck


ユーザーの能力、仕事の目的などによって、システムの環境を構築するという基本があり、自立分散性導入評価のカギとして、性能、信頼性、安全を確保するために登場した言葉で、システムを構築する場合に能力以上のスペックを確保することは無駄使いになります。

>> さらに詳細な情報はこちら