オプティマーク市場


大阪証券取引所が2001年11月20日に米国のOptiMark Technologies社のシステムを導入し、サービスを展開していた注文を電子データ化して秘密にしたまま取引できる、大口売買の情報漏れによる株価変動を嫌う機関投資家向けに創設したシステムです。

>> さらに詳細な情報はこちら