オリンピックとインターネット


オリンピックでインターネットのホームページが登場したのは、1996年に米国で開催されたアトランタ・オリンピックで、IBMが情報量3兆ビットのLANを構築し、本格的なビデオ・オン・デマンド実験と「ネット・コマース」を構築しました。同時に近代オリンピック100周年でした。

>> さらに詳細な情報はこちら


Olympic Games 1912 StockholmOfficial Report
シドニー・オリンピックのページ(2000年2月18日現在)
IOCの巻頭ページ(2000年2月18日現在)
Telstraのシドニー・オリンピック・サイト
Telstra Millennium Networkのページ
Telstra Millennium NetworkのMapページ
意外と多いインターネットを利用しない米国人
米国サイトで海外から購入する国々の比率
米国のパソコンユーザーとインターネット環境確保の比率
米国のGAOが2001年11月8日に公開したオリンピック計画
UCLA Surveying the Digital Future 2000
UCLA Surveying the Digital Future 2001
UCLA Surveying the Digital Future 2002
WWFが公開したEnvironmental Assessment of the Athens 2004 Olympic Games
NTTドコモが2004年7月16日に公開したリリース
FOMAサービスのデモンストレーションが利用できるアテネ市内の地域
FOMAサービスのデモンストレーションQ&A
Atos Origin社が2004年3月16日に公開したアテネ・オリンピックのITパートナー・リリース
2004年8月17日に縮小されたFOMAの通信エリア
American Idolのロゴ
バンクーバー国際空港に設置されたTELUS Internet Payphonesと無線環境
バンクーバー国際空港に設置されたIPを利用した2000年の騒音管理レポート
TELUS社が報告したバンクーバー国際空港に関するIPネットワーク刷新事業
TELUS Mobilityが2003年10月29日に発表したカナダ最大のWi-Fiをバンクーバー国際空港で構築報告
Multicultural Kids Study 2005
北京オリンピックが2005年11月11日に発表したマスコットのリリース
マスコットの解説
GAOが2006年7月28日に公開した、インターネットのDHSプランに関するレポート
GAOが2006年7月28日に公開した、David A. PownerとKeith Rhodesによる技術セキュリティに関する連邦政府上院委員会における証言
Nielsen Onlineによる「オリンピック関連Webトラフィック・レポート」