音楽データの電子の透かし

Audio Watermarking


RIAAなどが、インターネット上のファイル・シェアリングに対するセキュリティとして開発してきた、音楽データが盗まれたモノかどうかを検証できる電子の透かしで千葉のGIMLは独自に電子の透かし製品「コンテント・ロック」を開発し、キヤノン販売、稲畑産業と共同で1999年4月から事業化を始めると発表した。日本音楽著作権協会、CISAC、BIEMは、音楽「電子透かし」技術の国際的な評価プロジェクトSTEP2000を2000年6月15日に発表しました。

>> さらに詳細な情報はこちら