音楽配信元年


著作権問題で多くの若者がRIAAから訴えられ、その不安を払拭するようにApple社の音楽配信サービス「iTunes Music Store」が2003年4月28日から会員に1曲99¢、アルバムをUS$10で提供を開始し、その好調さから、猿まねサービスが多く登場しました。

>> さらに詳細な情報はこちら