オンライン選挙

Online election


インターネット上のWebを利用した選挙戦または、選挙自体のことで、1995年4月の東京都知事選で初めて岩国哲人、大前研一両候補は、日本初の電子メディア選挙を実施しました。

>> さらに詳細な情報はこちら


GeorgeWBush.com
GeorgeWBush.comのパロディGWBush.com
世界初の米国大統領選オンライン討論会のサイト
米国サイトで海外から購入する国々の比率
votepact.comのページ
米国大統領選に登場したAl Goa Unofficialサイト
2000年3月から11月までの米国大統領選キャンペーンのパーセント
1996年と2000年の米国大統領選キャンペーンとメデイアの比較
AmExの2000年オンライン購入者の傾向
イギリスCESGのe-Voting Security Study
2000年の米国国勢調査資料から調べた英語能力調査結果
William Hogarthが1755年に描いたAn Election Entertainment
イギリス選挙の歴史資料「UK Election Statistics: 1918-2004」
GAOが2004年10月15日に公開した、過去の選挙に関連する投票の不規則を調査した米国司法省のレポート
Globalvote 2004の巻頭ページ
Globalvote 2004の主催者紹介
米国のPIALProjectが2004年10月27日に公開した米国大統領選政見ニュース源調査
FCCが2004年10月29日に公開した、「Pappas事件」裁定
NABが2004年10月29日に公開した選挙と地方TV放送に関する調査結果
Globalvote 2004が2004年11月1日に公開した結果
Pew/Internetが2005年3月6日に公開したレポート
Michael Cornfieldのコメント
総務省が2005年5月27日に公表した、「電子投票の手引き」
GAOが2005年6月23日に公開した州と地方選挙職員が正確な選挙人名簿を維持する追加データについてのレポート
2005年9月11日の衆議院議員選挙用投票所入場整理券封筒
2005年9月11日の衆議院議員選挙用投票所入場整理券
2005年9月11日の衆議院議員選挙用 期日前投票案内
Leichtman Research Group社が更新した2005年第2四半期のブロードバンド状況
Broadband Households and Presidential Preference Parallel
GAOが2005年10月21日に公開した、電子選挙のセキュリティと信頼性に関するレポート
GAOが2006年4月7日に公開した、不在者投票システムの改善に向けたレポート
GAOが2006年6月8日に公開した、2004年11月の総選挙に利用された選挙システムを発展させたシステムのレポート
GAOが2007年3月7日に公開した、海外に住む米国人のための電子不在者投票に関するレポート
the Student PIRGの「新投票プロジェクトと効果(New Voters Project and Working Assets)」
PEJの「 THE INVISIBLE PRIMARY―INVISIBLE NO LONGER: A First Look at Coverage of the 2008 Presidential Campaign」
Joan Shorenstein Center on the Pressの「Center releases new report with Project for Excellence in Journalism」
GAOが2008年9月9日に公開した、投票制度をテストする研究所を信任する組織のレポート