オン・デマンド市民権

Civil Rights On Demand


テレビ局はデジタル化により、BS、CS、ワンセグと強欲にチャンネル数を獲得してきたが、広告収入が減り、番組数が増えるという現象から、テレビのチャンネル数を持て余し始めていることから、テレビの一般チャンネルの一部を公益と市民権コンテンツのライブラリに無料提供するという考え方です。

>> さらに詳細な情報はこちら