オリコン名誉棄損裁判の不当判決に抗議する


2008年4月22日に東京地方裁判所で、2006年11月に音楽市場調査会社「オリコン」が、月刊誌「サイゾー」に掲載されたコメントで名誉を傷つけられたとして、取材に応じてコメントしたフリージャーナリストの烏賀陽(うがや)弘道に5,000万円の損害賠償を求めた裁判で、烏賀陽に100万円を支払うよう命じたことから、、出版流通対策協議会が2008年 4月25日に公開した声明文です。

>> さらに詳細な情報はこちら