海底光ファイバー・ケーブル

submarine optical fiber cable


光ファイバー・ケーブルの転送能力が現在のところ、安定した最大の許容量が確保できることから、海底にその光ファイバー・ケーブルを設置し、安定した情報通信を提供するための設備の発達史です。

>> さらに詳細な情報はこちら


1858年〜1865年ころの海底ケーブル見本(Science Museum, London)
初期の海底ケーブル敷設風景-1
初期の海底ケーブル敷設風景-2
世界の海底光ファイバー・ケーブル網(予定も含む)
世界のインターネット・ユーザー(Computer Industry Almanac Inc.より/1998年末現在)
世界のWeb内容(Nature/8.July 1999,from NEC Research Instituteより)
サーチ・エンジンの実体比較(Nature/8.July 1999,from NEC Research Instituteより)
世界最長のSEA-WE-ME3の海底光ファイバー・ケーブル網
Global Crossing社のネットワーク図
初期のアクア・エクスプローラ 1000
改良されたアクア・エクスプローラ 1000
分解されたアクア・エクスプローラ 1000-1
分解されたアクア・エクスプローラ 1000-2
アクア・エクスプローラ2
陸上のアクア・エクスプローラ2
アクア・エクスプローラ2の操作室
アクア・エクスプローラで撮影されたTPC-IIのケーブル-1
アクア・エクスプローラで撮影されたTPC-IIのケーブル-2
アクア・エクスプローラで撮影されたTPC-IIのケーブル-3
クロスカントリー光ファイバー・ケーブル・ネットワークルートの概念図
Laser Expressの光ファイバー・ケーブル・ネットワーク
衛星間通信のために開発されているEDR(Erbium Doped Fiber)の断面図
衛星間通信のために開発されている光ファイバー・ケーブル実験光景
光ファイバ・ケーブルと銅線の容量比較
中国のインターネット人口の推移
中国の携帯電話販売台数の推移
米国における両親のインターネット利用の推移
米国の子供達がインターネットで情報を知る先
2000年8月の地域別、国別インターネット・ユーザー
アジアのインターネット利用環境
アジアのインターネット・ジャンキー
2000年9月のアジアe-commerce環境
西欧のインターネット状況
ロシアとヨーロッパのインターネット・ユーザーの伸び
ヨーロッパの2000年インターネット・ユーザー
Goldmann Sachs and PC Data Onlineの年末商戦情報
Yellow Sabmarine Cable
Level3社の1998〜2001年実績と計画
Level3社のring1
米国の1999年と2000年年末商戦で購入できなかったサイトの数
NetValueが2000年12月15日に発表したアジアのインターネット状況
2000年年末米国における日曜ごとの売り上げ比較
大西洋横断ケーブル・システム「アポロ(Apollo)」
Alcatel社が提供している海底ケーブル全体像
オランダの若いインターネット・ユーザーの傾向
米国のブロードバンドとダイヤルアップにおける家庭環境の違い
TeleGeography社の世界の情報通信マップ案内ページ
TeleGeography社の世界のケーブルと衛星通信マップ案内ページ
Jupiterによる2000〜2004年ダイヤルアップとブロードバンドの予測
米国の2000年4月〜2001年1月のDSLとCATVインターネット接続事情
FCCの米国電話線環境調査報告
2001年6月現在の北米広帯域通信の現状
2001年イギリス人のオンライン環境
インターネットを始める前に利用していたメディアと始めた後の状況
2000〜2004年のブロードバンド・ユーザー1
CAIDのインターネットマップCAIDA Skitterのサイト
CAIDのインターネットマップ・ポスター
NASAのJPLが公開したTerraによるLos Angelsの画像
NTIAのブロードバンドの開発に対するコメント
米国のGAOが2001年11月8日に公開したオリンピック計画
Cable Data Newsが2001年3月1日に公開した北米のブロードバンド利用者
Cable Data Newsが2001年6月1日に公開した北米のブロードバンド利用者
Cable Data Newsが2001年12月1日に公開した北米のブロードバンド利用者
世界銀行が公開したWDR(世界開発レポート) 2002マーケットの構築表紙
世界銀行が公開したWDR(世界開発レポート) 2002マーケットの構築概要
世界銀行が公開したWDR(世界開発レポート) 2002マーケットの構築-1
世界銀行が公開したWDR(世界開発レポート) 2002マーケットの構築-2
世界銀行が公開したWDR(世界開発レポート) 2002マーケットの構築-3
世界銀行が公開したWDR(世界開発レポート) 2002マーケットの構築-4
世界銀行が公開したWDR(世界開発レポート) 2002マーケットの構築-5
世界銀行が公開したWDR(世界開発レポート) 2002マーケットの構築-6
世界銀行が公開したWDR(世界開発レポート) 2002マーケットの構築-7
世界銀行が公開したWDR(世界開発レポート) 2002マーケットの構築-8
世界銀行が公開したWDR(世界開発レポート) 2002マーケットの構築-9
世界銀行が公開したWDR(世界開発レポート) 2002マーケットの構築-10
世界銀行が公開したWDR(世界開発レポート) 2002マーケットの構築資料
アフリカの情報会議 Bamako 2002 Conferenceの内容
Global Crossing社の2002年1月28日米国連邦破産法11条申請リリース
WorldCOMによるChapter 11の解説
Nielsen//NetRatingsが2002年12月20日に発表した2002年末商戦の動向
Amazon.comが2002年12月26日に発表した年末商戦結果
米国農務省が公開した2000〜2002年の農業報告書
沖縄本島と宮古島、石垣島を結ぶ海底光ケーブル
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたTelegraphの海底ケーブル敷設風景
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたTelegraphのGrinez Klippe海底ケーブル敷設風景
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたDover側のTelegraphターミナル
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたDoverとGalais間のTelegraph出力器
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたTelegraph印字機
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたTelegraph解読印刷機
Illustrirte Zeitung1850年12月7日に掲載されたTelegrapheテープ
Illustrirte Zeitung1850年12月7日に掲載されたTelegraphで書かれた絵と文字
Illustrirte Zeitung1850年9月7日に掲載されたBainの電子化学コピーTelgraphシステム
Illustrirte Zeitung1851年10月11日に掲載された海底ケーブルの製造-1
Illustrirte Zeitung1851年10月11日に掲載された海底ケーブルの製造-2
Illustrirte Zeitung1851年10月11日に掲載された海底ケーブルの製造-3
Illustrirte Zeitung1851年10月11日に掲載された海底ケーブルの製造-4
Illustrirte Zeitung1851年11月29日に掲載された大西洋横断海底ケーブル敷設計画
Illustrirte Zeitung1851年12月20日に掲載されたアルファベットTelegraph解読印刷機-1
Illustrirte Zeitung1851年12月20日に掲載されたアルファベットTelegraph解読印刷機-2
Illustrirte Zeitung1851年12月20日に掲載されたアルファベットTelegraph解読印刷機-3
Illustrirte Zeitung1853年5月28日に掲載されたベルギーでの海底ケーブル陸揚げ風景
Illustrirte Zeitung1853年5月28日に掲載されたSpezziaとCorsicaの地中海海底ケーブル陸揚げ風景
日韓友情年2005
日本テレコムが2004年6月28日に公開した「非圧縮型映像伝送グローバルネットワークサービス」解説
HSCSを利用した日本とロシア、ヨーロッパを結ぶ最短ルート図
2007年の海底光ファイバー・ケーブル状況マップ
Seacomのロゴ
Seacomのネットワーク概要
Seacomのネットワーク全体像
ベライゾンのTPE南ルート完成報告

SEA-ME-WE-2
TPC(TransPacifiic Cable)
TAT
アフリカ・ワン
光ファイバー・ケーブル
オリンピックとメディア
JIH
日米間の国際通信
フォトニック・ネットワーク
高速光通信用IC
高速通信用光発振器
超高速・大容量光伝送技術
ワールド・パートナーズ
インターネット通信網
アジアの情報スーパーハイウェイ
アジア太平洋移動体通信
Project Oxygen
情報通信コングロマリット
光コネクタ
SDH
光ソリトン通信
VPN
企業向け国際電話
MSAF
通信回線の接続ルール
AT&Tワールド・アクセス
ローミング・サービス
国際マルチメディアアプリケーション実験
KDD法
日米間の国際通信
KDDグローバリングATM
JPIX
WorldCom
WTO基本通信交渉
スーパーchirp方式
イスラエルのソフトウェア
WorldCom
C&W Marine
ジャパン-USケーブルネットワーク
通産省のマルチメディア・コンテンツの公募
香港貿易発展局
次世代ネットワーク
DWDM
WDM
ホップ数
DTM(Deutsche Telecom Mobil GmbH)
TalkWay
PC-1
PC-1
フラッグ・キャリア
プライベート・ケーブル
クラブ・ケーブル
DWDM
ダーク・ファイバー
J-NET
ToSTNeT
北京電信NTTエンジニアリング
IP-VPN
T-Online
アークスターインターネット
GRIC CSP
BPP
パブリック・ピアリング
プライベート・ピアリング
フリー・ピアリング
NTT-ME情報流通
PSINet
KDDテラビットハイウェイ構想
クロスウェイブコミュニケーションズ
米国-アジア間のインターネット国際回線費用
インターネット国際回線費用等の応分負担要求
OS-A 5Gシステム方式
農業、漁業、畜産、園芸に関連のURL
WTOを解体する10の理由
超高速オプティカルNWソリューション
アクア・エクスプローラ
オリンピックとメディア
NSF helps grow Africa's internet
ワイヤレス・バレー
フォトニック・ゲートウェイ
光信号処理
光符号分割多重
光信号処理
多波長フィルター
双方向多重方式変換
スペクトルスライス
光時分割多重
波長多重
光パケット
ユーラシア情報ネットワーク
SubOptic
国際会議の情報
日韓IT光コリドー・プロジェクト
OCDM(Optical Code Division Multiplexing)
Remote Lounge
経団連の「今後のメディア制度の課題(中間報告)」-1
スーパーSINET
OFC(Optical Fiber Communications) Conference and Exhibit
SPICA(Stacked Polymer optical IC/Advanced)
CFA(Computer for Africa)
アフリカのインターネット利用状況
WSSD(the United Nation World Summit on Sustainable Development)
ARTF(Afghanistan Reconstruction Trust Fund)
CAS(Country Assistance Strategy)
IBRD(International Bank for Reconstruction and Development)
IDA(International Development Association)
IDB(Inter-American Development Bank)
IFIs(International Financial Institutions)
「e-むらづくり計画」
光IC
ブロードバンド放送
螺旋状光ファィバー
米国海軍のために研究された特別な鮫の感覚
毎日jp
MSN産経ニュース
ANY
Unity
Seacom
TPE(Trans-Pacific Express)