看護診断支援システム


NANDA(北米看護診断協会)が、「看護診断の症状や兆候」から診断までの思考過程がシステム化し、患者の看護問題(看護師の責任におけるケア)の症状や因子をまとめたNANDA I承認として、170ほどの共通用語で記述した診断ラベルを開発したシステムです。

>> さらに詳細な情報はこちら


電子カルテ
テレメディシン
ME
病院情報システム
HAPPY
医療情報検索システム
ハイパー・ホスピタル
エイティ80
健康情報オン・デマンド/健康管理
健康情報オン・デマンド/予防医学
健康情報オン・デマンド/緊急医療
健康情報オン・デマンド/ボランティア
健康情報オン・デマンド/医療関係者用情報
健康情報オン・デマンド/その他
遠隔手術
ALWAYS
コンピュータ外科
医療用画像情報システム
MMVR
エフトポス端末
Medclaim
HealthPoint
ガン診療総合支援システム
マイケアー・カードタイプ
ニューロラブ計画
ロボット病室
生活習慣病監視ネットワーク・システム
Zeus
Intuitive system
日本インターネット医療協議会
画像処理検定
SSL
Visible Human Project
DICOM
Internet Health Day
ExSight
Microsoft Money
Internet Health DayでのIntel社会長のスピーチ-1
MRI(Magnetic Resonance Imaging)
WebMD
3次元X線撮影技術
医療教育メディア国際グランプリ
スマートパネル
ロボット関連のURL
インターネット・ロボット関連のURL
SYNWORLD
検体集配サービス支援システム
e-Health
米国の電子医療情報プライバシー保護法案
InDex
病々連携ネットワークシステム
バーチャル・リアリティ触診手袋
Digital Angel
自動投薬マイクロチップ
カプセル型ビデオカメラ
譯薬ネット
ワンタッチ技術
RWC(Robotic Work Crew)
PACS(Picture Archiving and Communications Systems)
インテリジェント・ピル
情報システム安全対策指針
プライバシー情報管理システム
情報鎖国空間の病院
ひさやま元気予報
ホスピー
コンビニ検診
ILS(Implant Location System)
あらゆる赤ちゃんの生涯記録データ
電子健康記録
Robot Hall of Fame
Microsoft HealthVault