楔文字モデル


日立製作所が、古代メソポタミアやペルシャで利用されていた楔形文字のような線の集合でできた辞書データをもとに開発した、手書き文字認識ソフトウエア技術です。文字を左から右に向かう線と上から下に向かう線の2つの要素だけで表現して記憶するため、データ量が従来の5分の1程度で済みます。

>> さらに詳細な情報はこちら