軍事IT


戦略的な情報技術(SIS/Strangic Information System)を統合した言葉として登場した「IT」であったが、2001年9月11日に米国で同時多発テロが起こり、米国はいかに早く情報を把握し、それを分析して攻撃を仕掛け、急速に戦果を上げ、被害を少なく勝利するかという戦略のために、コンピュータからネットワーク、その周辺に必要なデータマイニング、データウェア・ハウスなどのノウハウまでを統合したIT技術はアフガニスタン侵略で有効であることが証明され、ITが軍事技術こそ必要不可欠であることを主張するようになっています。

>> さらに詳細な情報はこちら


2002年に国土安全保障関連のITに費やした予算
WEFのGlobal IT Report 2002-2003/Executive Summary
Global IT Report 2002-2003/Overall Competitiveness Rankings
Global IT Report 2002-2003/Chapter on The Growth Competitiveness Index
Global IT Report 2002-2003/Chapter on The Microeconomic Competitiveness Index
Global IT Report 2002-2003/Profiles of the Top Five Countries/United States
Global IT Report 2002-2003/Profiles of the Top Five Countries/Finland
Global IT Report 2002-2003/Profiles of the Top Five Countries/Taiwan
Global IT Report 2002-2003/Profiles of the Top Five Countries/Singapore
Profiles of the Top Five Countries/Sweden
GAOが2003年3月18日に公開したITサービスにおける契約書について
GAOが2003年3月18日に公開した中小企業の契約書
GAOが2003年4月28日公開したDODの段階的修正の必要性を訴えたレポート
GAOが2003年4月28日公開したDODのIT技術のさらなる必要性を訴えたレポート
Homeland Securityのために組織される米国政府関連組織図
それぞれの持っているデータベースの情報をシェアリングする相関図
情報シェアリングの実験レポート
報シェアリングの重要性と経済性についてレポート
Justice Department's Projectの同時多発テロ以降インタビュー
Missile Defense
DODシステムをより知的に成長させる企業との契約
GAOが2003年6月24日に公開した、軍事戦略実施中の現状報告書
GAOが2003年8月13日に公開した、未来の戦闘システムとして計画構築案
GAOが2003年9月3日に公開した、米国国防総省との契約と金の流れ調査報告書
米国にやってくる海外からの訪問者とセキュリティ保護に関するレポート
米国の「USAID」と米国の将来に向けた挑戦レポート
Jess T. Fordによる「USAID」を利用した実証実験レポート
GAOが2003年11月17日に公開した「大学の実態調査報告」
Hon. Putnam Federal Computer Report Card Press Statement
Computer Security Report Card 2003
Overall Federal Computer Grade and Bar Graph
Federal Computer Security Grades 2000-2003
Computer Security Grade Criteria
GAOが2003年12月18日に公開した各省庁のITリーダーシップ努力要請レポート
GAOが2002年12月19日に訴えた、IT技術の安全保護と進化レポート
GAOが2004年1月8日に公開した、入国審査とテロに関する調査報告書
政府関連省庁などのパブリック・キー情報セキュリティ調査レポートJPL研究所が公開している植物の適応カムフラージュ
ELECTROCHROMIC ADAPTIVE INFRARED CAMOUFLAGE
米国海兵隊の制服-I
米国海兵隊の制服-II
米国海兵隊の制服-III
米国海兵隊の制服-IV
米国海兵隊の制服-V
米国海兵隊の制服-VI
米国海兵隊の制服-VII
米国海兵隊の制服-VIII
米国海兵隊の制服-IX
米国海兵隊の制服-X
米国海兵隊の迷彩色軍服
米国海兵隊のCGで作られた最新迷彩色軍服
ミサイルや無人飛行機などの技術輸出規制の必要性を訴えたレポート
世界で行われているミサイルなどの輸出状況把握とコントロール
GAOが2004年3月18日に公開した、航空偵察機に関するレポート
国境警備に関して顔写真の認証だけではリスクが高すぎるとしたRandolph C. Hiteの実証実験レポート
Barbara D. Bovbjergによる顔面認証に関する長期計画としての実証実験レポート
Kevin W. Bowyer教授の顔認識技術とセキュリティ対プライバシーの考察
Kevin W. Bowyer教授がSIAC(Summer Institute for Advanced Computation)2002で紹介したプレゼンテーション
Kevin W. Bowyer教授がSIAC(Summer Institute for Advanced Computation)2003で紹介したプレゼンテーション
David M. Walkerによる米国の国防の将来に向けた経済的支援と管理
米国の防衛関連メジャー・プログラムのレポート
国防に関する不正取引禁止に向けた管理レポート
未来に向けた国防に関するGregory D. Kutzの実証実験レポート
海の国土安全に関するRichard M. Stanaの実証実験レポート
Paul L. Francisによる未来の戦闘とリスクに関する実証実験レポート
GAOが2004年5月7日に公開した、未来に向けた国防と米国国防総省の透明性改善レポート
GAOが2004年5月14日に公開した、ITシステムの交換に必要なコストとスケジュール
抗生物質の抵抗に関する動物実験の必要性を訴えたレポート
核、生物学、化学平気の検知と対応技術研究のためにDOEの研究所の活用レポート
国土安全のために、IT戦略の検討が必要とするレポート
National Military Strategy 2004
Illustrirte Zeitung1854年12月8日に掲載された当時の救命胴衣-1
Illustrirte Zeitung1854年12月8日に掲載された当時の救命胴衣-2
Illustrirte Zeitung1854年12月8日に掲載された当時の救命胴衣着用風景
最終版THE 9/11 COMMISSION REPORT
最終版THE 9/11 COMMISSION REPORT前にEPICがした証言
THE 9/11 COMMISSION REPORT関連サイト
GAOが2004年8月2日に公開した2002年9月30日からの米国防衛財産目録
WorldWatchが公開した「AIDS in the Military」
GAO2004年9月23日に公開した、一貫した中央政府指導による国境管理と身分証明書に関するレポート
Illustrirte Zeitung1856年1月26日に掲載された化学者Justus von Liebig
ミュンヘンのJustus von Liebig研究所
Justus von Liebigの階段教室
Intelligence Reform and Terrorism Prevention Act of 2004法案
Intelligence Reform and Terrorism Prevention Act of 2004施行報告
FCCのパブリック・コメント募集報告
NHTCUが公開した「NOP Survey 2005 - The Impact of Hi-Tech Crime on UK Business」
「Executive Order 13328」
GAが2005年12月14日に公開した、無人偵察機についての調査レポート
GAOが2005年12月15日に公開した、無人偵察機Global Hawkの価格に対するNunn-McCurdy レポート
GAOが2006年4月7日に公開した、無人航空システムに関するMichael J. Sullivanの実証実験報告
GAOが2006年5月22日に公開した、無人航空システムに関するレポート
GAOが2006年1月17日に公開した、国防としてのミサイル防衛に関するレポート
GAOが2007年4月17日に公開した、ミサイル防衛に関するレポート
GAOが2007年7月11日に公開した、無人機システムについてのレポート
GAOが2008年5月16日に公開した、無人航空機システム・レポート
GAOが2008年10月8日に公開した、米国国家安全保障省の次世代情報共有システムに必要な改良点を指摘したレポート

IS(Information Science)
IT(Information Technology)
IT(Information Technology)2003
IT(Information Technology)2004
IT(Information Technology)2005
IT(Information Technology)2006
IT(Information Technology)2007
ICT(Information and Communication Technology)
GAO(General Accounting Office)
i2
重要インフラ保護委員会
米国国土安全保障省
ローテク・ハイコンセプト・テロ
ローテク・ハイコンセプト・テロ-2
ローテク・ハイコンセプト・テロ-3
ローテク・ハイコンセプト・テロ-4
ローテク・ハイコンセプト・テロ-5
ローテク・ハイコンセプト・テロ-6
ローテク・ハイコンセプト・テロ-7
ローテク・ハイコンセプト・テロ-8
ローテク・ハイコンセプト・テロ-9
ローテク・ハイコンセプト・テロ-10
ローテク・ハイコンセプト・テロ-11
ローテク・ハイコンセプト・テロ-12
ローテク・ハイコンセプト・テロ-13
ローテク・ハイコンセプト・テロ-14
ウェアラブル・コンピュータ
bodynet
echarpe communicante
G-XML
Land Warrior計画
Levi's ICD+
PocketCop
ANDROS
RMA(Revolution of Military Affairs)
robot GI
Transferabe Core
WARP(Wireless Augmented Reality Prototype)
ウェアラブルフォン
サイボーグ
人体を伝送線として利用した双方向データ通信
スーツ型コンピュータ
電子衣料
ハプティックス
ビジョン・パッド・アイデンティファイア
NVD
スーパー・コクピット
DRIVE
steganography
「e-エアポート」構想
GCC(Cooperation Council for the Arab States of the Gulf)
メディア戦争
Internet war
米軍のサイバー戦争の交戦状態ガイドライン
UKUSA
Blue Gene/L
マスメディアの情報漏洩と間接殺人
認知機能の脳内メカニズム
イリジウム計画
NITRAA
USDCO(Underground Secure Data Center Operations)
テクノ・テロリスト
JOL
FERET計画
curl
FHS(Free Hand System)
Global Hawk
hopper
SoloTrek XFV
TIA(Total Information Awareness) System
歩き方認証
ハニーネット・プロジェクト
DARPAのIAOによる国民データベース計画
New Intelligence (gathering) Agency
OSAC(Overseas Security Advisory Council)
CNA(Computer Network Attack)
Stratcom(U.S. Strategic Command)
CATCH(Computer and Technology Crime Hi-Tech Response Team)
NHTCU(National Hi-Tech Crime Unit)
WEF(the World Economic Forum)
yaha
適応カムフラージュ
シンセティック・ビジョン
e-airportプロジェクト
イノベーション
Innovation 2010 Initiative
ルネッサンス・プロジェクト
Terror Market
PAM(Policy Analysis Market)
ドクトリン
PNRデータ
SBIRS(Space-Based Infrared System)
Homeland Security Advisory System
MATRIX(Multistate Anti-Terrorism Information Exchange) project
入退室管理システム
X-45A
This World: One Day of War
MP3BLUE
Asymmetric Warfare
UUV(Unmanned undersea vehicle)
MAV(Micro Air Vehicle)
AUV(Autonomous Undersea Vehicles)
C4 ISR
無人2輪バイク・ロボット
誰が本当のビッグ・ブラザーか?
マイクロ・エレクトロニクス
Intelligence Reform Act
Def Tech
SOFEX(Special Operations Forces and Homeland Security)
FISMA(Federal Information Security Management Act)
脅し、恐怖を与え、稼ぎ出すビジネス
米国コンピュータ・セキュリティ成績表