MyFoodPhone


米国のスプリント(Sprint)社が2006年5月3日に開始すると発表した、より健康的な食べものを求めている人々を対象にした健康管理モニタリング・サービスの名称。Sprint社の「MyFoodPhone」はカメラ付き携帯電話の画像とビデオフィードバックの使用に基づく、世界初の栄養サービスとして提供され、顧客に便利な彼らの食品消費を追跡して、簡単な食習慣に基づく栄養カウンセリングとして、リモート・アクセスを実現し、Sprint社のカメラ付き携帯電話ユーザーが各食事か軽食で食べる食物の写真を撮って、栄養アドバイザーにそれを送ることで可能にしている。
利用料金は1カ月あたりUS$9.99で隔週、食習慣のビデオフィードバックを受け取ることになる。「サービスのユニークなモバイル食物を取材するアプリケーションは、顧客が訓練することで、確かなMyFoodPhone Nutrition Advisorsからの個人的なカウンセリングとして提供され、彼らが食べるものをモニターして、彼らの食習慣を変更することで、個々の健康目標を達成するのを支援する。」と解説している。詳細情報はURL(http://www2.sprint.com/mr/news_dtl.do?page=show&id=11660)またたは、URL(http://www.myfoodphone.com/sprint.aspx)で知ることができる。
確かに、次世代の重要マーケットは健康管理であり、数年前に提案した「携帯電話健康モニタリング・システム」が現実化してきている。ABC News / Reutersは2006年1月18日に、アフリカでもっとも多くの人を殺しているマラリアに対応するため、血液をモニターし、寄生体が検出されるとき警鐘を打ち鳴らす反マラリア腕時計(anti-malaria wristwatch)を南アフリカ共和国のGervan Lubbeが開発したと報告している。Gervan Lubbeは「2006年2月始めることになっている''マラリアMonitor''腕時計が患者が病気であると感じる前に、病気を避けることによって命を救い、病院に数100万人も入院させないようにできるだろう」と言っている。蚊によって運ばれた寄生体によって引き起こされたマラリアで、毎年100万人以上の人が殺され、3億人は重病になり、WHO(World Health Organisation/世界保健機関)によると、死者の90%がサハラ以南のアフリカで起こっている。この丈夫なデジタル時計のシステムは、1日に4回小さい針で手首を刺して、マラリア原虫が血液中にいないかどうか血液を検査し、寄生体カウントが50を上回っているなら、アラームは鳴らす、そして、蚊の明るく着色された絵は腕時計表面にすぐに気づくように設計され。
着用者は48時間以内に病気のすべての跡を破壊する3錠のタブレットを飲むことでマラリアを回避できる。詳細情報はURL(http://unu-merit.nl/i&tweekly/ref.php?nid=2483)または、URL(http://www.alertnet.org/thenews/newsdesk/L18384748.htm)または、URL(http://news.yahoo.com/s/nm/20060118/sc_nm/malaria_watch_dc)で知ることができる。
これもRFIDとバンドエイドを利用することで、携帯電話などでマラリアなど複数の伝染病に発症すると、すぐに健康センターに連絡するシステムも開発可能になる。