M2M(Machine-to-Machine)

Machine-to-Mobile


あるマシンから、他のマシンを管理したり、モニタリングするときに利用される通信機能を利用したコミニケーション技術で、発信機能があるメーターに携帯電話を向けて直接メーターのカウントを携帯電話で受信し、そのデータを別のターミナルにそのまま転送することで入力ミスなどが削減できます。また、探したい本などのデータ・コードを携帯電話に入力し、電子管理された図書棚に向けて発信することで容易に目的の本を探すことができるなど、人が管理するより正確な遠隔操作による情報管理が可能になります。

>> さらに詳細な情報はこちら