mainframe for NT


1997年10月にMicrosoft社との協力を表明したUnisys社が、4〜12のCPUとCMP(Cellular Multi-Processing)技術を使うことで実現した、UNIXを走らせながらWindows NTも動作させることができるようになる環境です。

>> さらに詳細な情報はこちら