MediaShuttle

メディアシャトル

富士通が1995年11月から開始した、ニフティの会員誌やパソコン雑誌などでソフトの解説、体験版と製品版が多数収められているCD-ROMを配布し、ユーザーが自由に閲覧、利用できる解説、体験版を見て気に入ったソフトがあった場合は、CD-ROMに加えられているオートパイロットの通信ソフトを通してニフティサーブにアクセスし、課金に同意すると、製品版の暗号を解くカギがネットで送られ、カギを使用することでCD-ROM内の製品が利用可能になるショップの名前でした。

>> さらに詳細な情報はこちら