Millipede

ミリピード

初期コンピュータで利用されたパンチカードに似たメカニズムを活用して、スイスにあるIBM社のチューリッヒ研究所が開発した、データ保存技術です。

>> さらに詳細な情報はこちら


どのようにしてアトム画像を造形するか
1950年代のパンチカード(IBM資料写真より)
Fortranが書かれたパンチカード
SSECのパンチテープ・メモリ(IBM資料写真より)
Millipedeの解説図(IBM資料写真より)
3mm×3mmの1024個の極小センサーを配置した写真(IBM資料写真より)
50μmの極小センサー・アーム
1.7μmの加熱部(IBM資料写真より)
Millipedeの基礎技術になった50ナノmのIBMと21の文字
原子で書かれたIBM
原子で書かれた人形Carbon Monoxide Man
原子で書かれた「原子」の文字
STMを用いて観測された6つの突出部がある「プロペラ」分子とCGで作られた分子ホール構造
STMを利用した分子ホール構造CG
STMを利用した回転するぼんやりとした環状の分子のCG
プロペラ型の分子設計構造のCG
プロペラ型の分子回転の解説図
プロペラ型分子ホール構造のGIFアニメーション
Nadrian C.Seeman Lab.がDNAで開発したナノ・ロボットoctahedron
Ken Edwardが作ったDNAで開発したナノ・ロボットoctahedronの活躍想像図
IBMフェローのドナルド・M・アイグラー(Donald M. Eigler)
量子蜃気楼(quantum mirage)-1
量子蜃気楼(quantum mirage)-2
量子蜃気楼(quantum mirage)-3
量子蜃気楼(quantum mirage)-4
量子蜃気楼(quantum mirage)-5
産業革命に影響された1890年にLouis Poyetが描いた「発明する頭」
1908年にLouis Poyetが描いた「Dr.Marageの写真と声」
1900年にCaptain Chevalierが作った「電器の標的」
1919年にRaoul Hausmannが作った「時間のスピリット」
青いニッケルの原子
青いプラチナの原子
立体的な銅の原子
サークルができるまで
共鳴する原子
珊瑚のように形成する原子
原子の珊瑚
実験的に作られたRectangular Corral
実験的に作られたOh Where
実験的に作られた造形物「無名」
実験的に作られたAtomic Teeter-Totter
実験的に作られたStadim Corral
2001年5月にCSISが発表したマイクロチップとスーパーコンピュータ
Millipedeプロジェクトで実証された10nmの穴のアニメーション画像-1
Millipedeプロジェクトで実証された10nmの穴のアニメーション-1
Millipedeプロジェクトで実証された10nmの穴のアニメーション-2
Millipedeプロジェクトのコンセプト画像
Millipedeプロジェクトで実証された部分ズーム写真
実際の10nmの穴
Millipedeプロジェクトで開発された1,024tipsエッチングで7mm×14mmのチップ
Millipedeプロジェクトで開発されたチップの顕微鏡写真
Millipedeプロジェクトの解説「pv7201-preprint」
NSTC/NSET/NSF/DOCが公開したレポート「人間の能力を成長させるための技術」