MOAB(Massive Ordnance Air Blast) bomb

Mother of All Bombs

全ての爆弾の母>>超弩級精密誘導型気化爆弾

米国が開発しているハイテク爆弾の一つで、2002年から空軍研究所技術プロジェクトとして開発され、2003年3月11日にEglin Air Force Armament CenterでC-130 Hercules aircraftにより投下して実験を行った、21,500ポンドという原爆以外で最大といわれる巨大爆弾です。

>> さらに詳細な情報はこちら


MOAB(Massive Ordnance Air Blast) bomb
GAOが2003年8月13日に公開した、未来の戦闘システムとして計画構築案
Illustrirte Zeitung1851年4月6日に掲載された夫婦用ピストル
Illustrirte Zeitung1851年5月31日に掲載されたJosephPergerのピストル
Illustrirte Zeitung1851年6月21日に掲載された飾り銃
Illustrirte Zeitung1851年6月21日に掲載された世界最初の6連発銃コルトと当時の貴族向け飾り銃
Illustrirte Zeitung1853年6月25日に掲載されたG. Teschnerの2連ライフル
Illustrirte Zeitung1853年10月29日に掲載された遠隔操作電気点火爆破実験-1
Illustrirte Zeitung1853年10月29日に掲載された遠隔操作電気点火爆破実験-2
Illustrirte Zeitung1853年10月29日に掲載された遠隔操作電気点火爆破実験-3
Illustrirte Zeitung1855年4月4日に掲載された海軍の信号
Illustrirte Zeitung1855年4月4日に掲載された海軍の信号と意味
Illustrirte Zeitung1855年4月4日に掲載された海軍の光信号
Illustrirte Zeitung1855年7月14日に掲載されたGeorg & Eduard Scheutzが開発した弾道計算機-1
Illustrirte Zeitung1855年7月14日に掲載されたGeorg & Eduard Scheutzが開発した弾道計算機-2
Illustrirte Zeitung1855年7月14日に掲載された測量計付き望遠鏡
Illustrirte Zeitung1855年7月21日に掲載された望遠鏡で測量するDragon & Merlin蒸気船
Illustrirte Zeitung1855年7月21日に掲載された時限爆弾
Illustrirte Zeitung1855年8月4日に掲載された時限爆弾の構造
Illustrirte Zeitung1855年8月4日に掲載された時限爆弾の爆破実験
Illustrirte Zeitung1856年1月19日に掲載された市販されたレボルバー
GAOが2004年8月2日に公開した2002年9月30日からの米国防衛財産目録
Illustrirte Zeitung1856年9月13日に掲載された射撃練習風景
狙撃銃の解説
狙撃銃弾の解説
NHTCUが公開した「NOP Survey 2005 - The Impact of Hi-Tech Crime on UK Business」