MRP(Material Requirements Planning)

資材所要量計画

1960年代に提唱された製造系企業業務の手法で、製造業務に携わる会社にとって、生産計画の効果的な策定と、その実行をいかに効率的に行うかということが大きなテーマであったことから、部品の手配、工員の手配などがスムーズにいくかどうかが大きな鍵になっていました。

>> さらに詳細な情報はこちら