P2P2004年


P2Pの情報やトラブルに関する、2004年の情報があります。Thomas KaragiannisとMichalis Faloutsos、Andre Broidoの研究チームは、インターネット上のパケットデータ量を調査した結果、P2Pサービスは繁栄しつづけていると結論づけています。

>> さらに詳細な情報はこちら


政府関連省庁などのパブリック・キー情報セキュリティ調査レポート
RIAAが2004年2月17日に公開したリリース
CEDが2004年3月1日に発表したリリース
CEDが2004年3月1日に公開した81ページの特別レポート
Trymedia Systems社が2004年3月24日公開したゲーム・コピーの実体
JASRACが2004年4月6日に公開した「JASRACの依頼と偽った架空請求について」
IFPIが2004年3月30日に公開したリリース
EDRiが2004年3月31日に公開したリリース
CCCのボイコット・リリース
音楽産業界の帝国は構築できるのかを考察したKoleman Strumpfの調査コラム
「We Media」の全文
GAOが2004年5月7日に公開したP2Pネットワークと児童ポルノグラフィに関する報告書
GAOが2004年6月4日に公開した大学などで著作権侵害に対する問題対処活動レポート
GAOが2004年6月25日に公開した教育モニタリングと情報共有の改善に関する報告レポート
ACCSとRIAJが2004年6月28日に公開した「ファイル交換ソフトの利用実態」の結果
Michael Mooreが2004年7月4日に配信した映画公開最初の1週間のコメント
MPAAが2004年7月8日に公開したリリース
「iMesh」が2004年7月20日に公開したリリース
共和党市民連合Citizens Unitedが2004年9月16日に公開したリリース
Celsius 41 11のオープニング・ページ
Celsius 41 11の巻頭ページ
Celsius 41 11の奥付
Celsius 41 11の内容紹介-1
Celsius 41 11の内容紹介-2
Celsius 41 11の内容紹介-3
2004年9月26日にTiVoが公開した「top 10 WishList Director rankings」
米国司法省が2004年10月12日に発表したリリース
米国司法省長官John Ashcroftが2004年10月12日に発表したメッセージ
米国司法省が2004年10月12日に発表したレポート
イギリスのBPIが2004年10月7日に公開したリリース
Is P2P dying or just hiding?'
日本レコード協会が2004年11月16日に公開したリリース
Pew Internet & American Life Projectが実施した質問と答え
インターネットと、アーティストやミュージシャンに関する大規模調査レポート
RIAJが2005年3月31日に公開した英文リリース