P2Web

Personal to Web


インターネットの発展で才能がある個人が直接個人で参加できる環境が登場し、個人で不特定多数と情報のやり取りやビジネスが可能になったことから登場した言葉です。

>> さらに詳細な情報はこちら