PACT

Plasma Assisted Catalytic Technology

プラズマと触媒の融合技術

富士通製の電話交換機用通話路部品のリードスイッチをヒントに考案され、プラズマと触媒の融合技術という新しい概念であったため、基本特許が日本(1996年)およびアメリカ(1995年)で成立し、開発された技術です。

>> さらに詳細な情報はこちら